透明感のある肌を良質のオイルでつくる

| トラックバック(0)
キレイな肌、シットリとして弾力があり、柔らかく柔軟な肌を作る用意をしましょう。

まずはちょっとお勉強。
弱酸性に保たれている時で、皮脂と水分バランスが整っているときを肌の一番良い状態です。

皮脂と毛穴に詰まった汚れをすっかり落とすには、洗浄力の強い洗顔材はアルカリ性です。
石鹸を使った後、肌がバリバリするのは皮脂がすっかり下ろされてしまい、肌の保湿ができない状態です。
基礎化粧品を大慌てでつけなければなりません。

今回は、この皮脂をごっそりそぎ落として、人口の皮脂を補うのを止めてみましょう。
お化粧のアイメイクなどはオリーブオイルや良質のオイルで落とします。

たっぷりのぬるま湯でゆっくりあらいます、ガーゼやハンドタオルなどでふわふわと洗っても構いません。
そっと拭いたら、自然の花びらを絞ったローションで肌を整えます。
その後はホホバオイルやココナッツオイルアルガンオイルなどの良質のオイルで、皮膚を優しくカバーします。



トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、hat002が2014年3月 5日 23:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「事業協同組合設立の費用をどう考えるか?」です。

次のブログ記事は「数日間で数キロ痩せたのは水分が減っただけ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31