こんな時代に不動産投資ってどうなの

| トラックバック(0)

不動産会社に勤める友人から今後の業界についての愚痴を聞いた。

今後の日本は、人口減少・世帯数減少・少子高齢化がすすみ不動産会社にとっては冬の時代というか氷河期が来ると嘆いていました。

本当にそうなのか疑問も有るのですが、友人に言わせると一人っ子同士が結婚すると2つの実家は引き継げないから一つ不要になる。

世帯数減少だ。

新たに自宅を購入する人口がドンドン減っていく。

賃貸の家賃を支払う金額以下で不動産を買うことが出来るので賃貸業が衰退していく。

作りすぎた賃貸物件の売却が増える。

そんな悪魔のスパイラルで不動産業は衰退していくとのことだ。

自分は、二俣川に不動産を所有しているが今のところそう言う気配は感じないが?

賃貸の空きは目立ち始めている。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ehouseが2015年5月18日 10:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「見積りから入るウッドデッキ」です。

次のブログ記事は「家賃が下降気味」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31