不動産売買の難しさ。

| トラックバック(0)

不動産は、高額になるためほとんどのケースで融資を受けることになると思う。

 

で、一般の方が思うに仲介手数料を不動産業者の支払うことが勿体ないということで直接売買を試みることがあるが、一般銀行は、不動産会社が仲介していない物件については、融資を行わない事になっている。

 

キャッシュで購入するなら別だが、高額な金額故に難しい。

 

また、直接売買して何かトラブルや物件に瑕疵があったときの対応や法律上の問題で購入した目的が法令の制限によって達成出来なかったときのリスクを考えるとやはり不動産会社の仲介を入れることが望ましい。

 

仲介手数料が高いのかどうかは、そのリスクの考え方次第だ。

 

去年、鶴ヶ峰の土地売買で直接、買主・売主契約を見たが、その方は、キャッシュで購入、司法書士の先生に登記を頼んでいた。

 

いくつか土地や投資用の収益物件を持っている方なので所謂、セミプロに近い。

 

その方も、調査に調査を重ねて購入しているとのこと。

 

やはり餅屋は餅屋ということだろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ehouseが2015年5月11日 18:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日本金融公庫に関して」です。

次のブログ記事は「高い複合機もキャンセル在庫なら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31