塩による洗顔

塩洗顔というものを行うことで、肌がつるつるになると聞きました。塩で顔を洗うなんて、肌に傷があったり目に入ったらとてもしみて痛そうですが、普通に家にある塩で良いそうなので、お金はかからないでしょうね。

 

精製されていない普通の純粋な塩であれば、ミネラルが含まれているのでスキンケアに向いているんだそうです。ただし、海水や海塩など、成分表示に塩以外の物が書かれている物は純粋な塩ではないらしいので、使わない方がいいんだとか。

 

塩洗顔は、メイクを落とした顔をぬるま湯で濡らし、スプーン一杯ほどの塩を手のひらに取ってマッサージをするといった方法を取ります。このとき強くこすりすぎると肌を傷つけるので、注意が必要です。

 

塩には発汗効果があるので、毛穴に詰まった皮脂汚れをかき出してくれるので、洗い上がりがつるつるになるそうです。また、皮脂の分泌を正常化してくれるので、肌がつっぱることもほとんどないのだとか。

 

敏感肌の人や塩のマッサージによる肌のダメージが気になるという人は、お湯に溶かした塩を顔につけるのもありだそうです。

 

ルミガンによるまつ毛ケアはこちら
http://gensenbanzai.com/detail/detail_lumigan.html

 

 

このブログ記事について

このページは、tk-noteが2015年6月24日 11:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「二俣川のドン・キホーテ」です。

次のブログ記事は「ミュゼの予約が初めての時に注意することを集めてみた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31