マイナンバー対策は企業でも

| トラックバック(0)
今年は国民番号が導入される年です。一般向けにはマイナンバーとして広められています。世界では広く復旧されている仕組みです。個人を特定するための番号が国民に付与されることになります。アメリカで実施されてる仕組みと中身は一緒ですね。そして、マイナンバーが書かれた通知カードも配られます。更に、個人番号カードも発行出来ます。当然ですが、通知カードの管理はしっかりとして下さい。もし無くしたり盗まれた場合は速やかに警察に届け出ましょう。企業でも対策が必要です。まずマイナンバー UTMで検索すると色々と情報が見つかりますので、適切な対策を施しましょう。色々な所から情報流出がありますので、気は抜けません。今まで以上に個人情報に対するセキュリティの意識を高めなければいけません。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、b-conectが2015年7月25日 17:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昨今脱毛サロンで脱毛を試みる男の人も増加しつつ」です。

次のブログ記事は「不倫を調査する|仮に夫が「不倫...。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31